印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > Members

「参加者が主体的に学ぶ場ができればファシリテーターは一見すると消える」という行動理念のもと、2010年~2016年の間、現役高校教諭として協同学習・学び合い・コーチングなどの要素を取り入れたアクティブラーニング型授業を展開。校外でも研修・講演・ワークショップを実施。

“聴き合いのまち、すぎなみ”を目指し、杉並区ワールドカフェ・サロン“100とも”を主催。世代・立場・国籍をこえた延べ1,800 名以上の区民との対話を通じて、人が集まる場の可能性に魅せられ、本法人を創立。ファシリテーター/ワークショップデザイナーとして、杉並区を中心に 17 市区の行政・教育機関・商店街で年間 80 件以上の場づくりを担当。

産業能率大学経営学部准教授。博士(歴史学)。元私立高校教諭(日本史)。アクティブラーニングを意識した授業・場づくりやファシリテーション、KP法等を活用した教育に取り組み、多くの教育系メディアで実践が紹介され、全国で講演・研修講師も務める。著書『日本古代王権と唐物交易』(吉川弘文館)、『アクティブラーニングに導くKP法実践』(共編著、みくに出版)等。

目白大学非常勤講師。元特別支援学校校長。修士(教育学)。日本特殊教育学会会員。特別支援学校、日本人学校、小学校など様々な教育現場で勤務。地域では「杉並ぷれジョブの会」を創設。地域に緩いつながりを作ることを目指し、障害のある児童・生徒が地域で就労体験を行える仕組みづくりを実施。